ニューハーフ&男の娘悪質風俗店の見極め方。

最初に

ニューハーフ&男の娘風俗店には、風俗店を経営するための届出の必要がないと言われています。

この事実が、今では女性の風俗店の経営が難しくなっている暴力団や犯罪グループの資金源として、一部風俗店が活用されている可能性が疑われ始めています。

この指摘は、業界的においては、かなりのタブーなのですが、昨今のニューハーフ&男の娘風俗店の乱立と、実物とは全く違うコンパニオンの加工写真を利用したぼったくりの構図は、健全なNH&男の娘風俗店様の首を絞めつつあります。

風営法の届出が必要ないということは、お客様にとって、問題が起こっても、警察が介入することは極めて困難であるということです。しかも、特殊な性癖ゆえ、泣き寝入りするであろうと踏んでいるわけです。

当方が、ランファ・グループ様やダイアモンド・グループ様をお勧めしている理由は、そういった感覚に基づいていないからです。この二グループは、業界においても、クリーンさを第一とする最先鋒に立っており、オーナーとマネージャーが一丸となり、お客様第一主義とコンパニオンのプロ意識の徹底を要求(ですから一部の退店したコンパニオンからは良くは言われません)している風俗店です。

しかし、一方で、同業者の中には、一種の闇風俗に近い感覚での経営感覚が存在しています。その分、この形態の風俗で遊ぶ人々にとって、安全に遊ぶことは死活問題です。

では、そんな悪質風俗店の見極め方をここに披露していきます。

悪質風俗店の見極め方

1.フォトショップ加工

本当にあるんです。写真とは全く別物の、ウィッグをかぶった青髭、メンズ体臭全開の男が登場する風俗店が!

最強に参考になるサイト

私は、ある程度のレベルのフォトショップ加工は肯定派です。しかし、もはや原形が失われているフォトショップ加工を行う風俗店を、悪質風俗店認定いたします。そんな風俗店の特徴として一つあげられるのは、やたら広告にはお金を投資しているお店もあります。

なぜならば、そういった風俗店は、広告を出して、とにかく新規を集めないと、フォトショップ加工しているので、リピーターのお客様が固定して来てくれないからです。

今ではフォトショップ加工を見極める方法はそれほど難しくありません。きれい過ぎるキャストが5人以上並び立つ風俗店は、100%詐欺です。これは断言します。

そして、こういった詐欺を行う風俗店には、安易にお金を稼ごうとするクズのような女装者が集まります。

はっきり言って、こいつらはお客様を舐めています。そして、経営者に対しても舐めており、誰のアドバイスも聞かず、美意識は全く存在せず、体臭からして男臭い香りで充満しております。もちろん口周りは青髭アリです。通称、サオタマ青髭アリアリです。

カツラを被った男とセックスするためにお金を払う必要があるのか?という以上に、そういうプレイヤーを管理できない風俗店は、ホームページにおいては性病検査をしているとうたっていますが、個人の判断に任せているだけです。つまり、性病検査を管理していないので、これは詐称した事実の記載です。

ともかく、下の写真を見てください。これがフォトショップが生み出す恐ろしい力です。

2.ホームページ

ホームページを見れば、その風俗店の姿勢がわかります。

1.見栄えだけに注意してインフォメーションが少ない風俗店は要注意です。

2.ごちゃごちゃしているぐらいがちょうど良く、そえだけまじめに風俗店運営に取り組んでいるお店だというバロメーターにもなります。

3.今では個性的な風俗嬢紹介ページがトレンドとなっています。やたらに「AV女優推し」する風俗店の場合は、DMMやDUGAで検索してみましょう。サンプル動画を見れば真実の姿は見えてきます。

単純に古臭い作りのホームページの風俗店は、オーナー自身で作っていたりする店もあります。こういったお店で丁寧に頻繁にアップデイトされていない場合は、すべての管理がずさんな、素人感覚が抜け切れない風俗店である場合が多いです。

写真の更新頻度が低いお店は、一流店ではありません。ただし、スマホ写真を活用していても、今の時代においては、もはや、スタジオで撮影している写真よりも真実味があり、お客様にとっては都合の良い場合があります。

しかし、スマホ写真においても加工や意識的に神角度で撮影された写真が散りばめられている風俗店は要注意です。女性の風俗店と違い、ニューハーフ&男の娘風俗店においては、顔出しをしているわけなので、その顔出しが詐欺認定される可能性も飛躍することを知らなければなりません。

3.豪華に見えるホームページの風俗店は、大概衛生環境が悪い

こういうお店の寮完備とは、得てして、プレイルームでの寝泊りが多いです。これは恐らく法律に引っかかる行為なのでしょうが、プレイルームに住むコンパニオンは大概は、肌が汚いです。そして、生活環境は不摂生です。

それ以上に、プレイルームが汚い老朽化した施設に店舗を抱えるお店も多く存在します。セックスするベッドがダニだらけならまだしも、ゴキブリが走っているプレイルームも存在します。

さらに、悪質店の中には、ニューハーフを扱うホームページに対するモンスタークレイマー店も存在します。こういった事を書くだけで、悪質店は、徹底的に圧力をかけてくるので、ニューハーフ風俗サイトは、今では、ほとんどが詐欺の片棒を担ぐように成り果てています。

そして、こういった風俗店の特徴として、挙げられるのが、人気ニューハーフと共に風俗店を立ち上げて、やがて、その嬢を、追放するパターンです。こういった情無用なオーナーに共通しているのは、自分の店のコンパニオンの中に愛人がいるパターンです。私なら、そんなお店では一切遊びたいとは思いません。

なぜなら、私たちのお金はそのオーナーと愛人の遊戯代へと充填されていくわけなのですから。もちろん、こういうお店は、コンパニオンの回転率は悪く、老害ニューハーフ&男の娘の巣窟になっております。

4.電話対応がテキトーなお店は避けるべき

しかし、あなたの質問に問題がある場合もあるので、注意しましょう。「必ず射精できますか?」などという質問は、失礼にあたるので注意しましょう。ですが、非常にテキトーな応対を取る風俗店は要注意です。

一方で非常に丁寧な応対の風俗店も要注意です。これは詐欺の鉄則なのですが、人を騙す時には、人当たり良くすることなのです。あまりにも丁寧すぎる風俗店の中には、フォトショップ詐欺を行っている店舗が存在します。

5.メディアから嫌われている風俗店は論外

風俗店にとって、ニューハーフを紹介しているメディアを活用することは、絶対的に重要です。しかし、その中で、当方のような掲載基準の厳しいニューハーフサイトも生まれ始めています。

当方は、良質な風俗店様とだけ仲良く出来るように、風俗専門サイトのつくりを取っていません。

この作りでサイトを作ってしまうと、完全に自由な言論を封じられることになります。今、ニューハーフ&男の娘風俗に対して、自由な言論を持つサイトはほとんど存在しません。

風営法の適応外だからこそ、これからニューハーフ&男の娘風俗を扱うサイトには、掲載基準が求められます。お金さえ貰えれば掲載する時代は、『ヴァニラアイス』の登場をもって終焉を迎えるでしょう。

当サイトは、悪質風俗店を徹底的に断罪していき、優良な風俗店を徹底的に支援していくサイトです。そして、本当のニューハーフと男の娘の魅力を伝えるサイトです。