フォトショップ加工は今では罪ばかり!

フォトショップ加工全盛期

一般の風俗店におけるフォトショップ加工の現場を覗いて見ましょう。ほとんどの店舗様は、一部の大型店舗を除き、フォトショップについての知識は薄く、露骨に分かり易い加工。

いわゆる、パチッとした目の加工=パチ目加工

スタイル修正

に終始しており、どこまで美人が集まる店なんだという「ツッコミ」が生み出されております。口元を手で隠すスタイルもあるので、そういったお店はパチ目感がハンパないです。それが女性であるならば良いのですが、ニューハーフ&男の娘業界においても現在では100%の普及率を誇るに到りました。

そして、もちろん口周りの青髭もフォトショップ加工ハンパないです。

かつてのフォトショップメリット

フォトショップを使用することによって生まれるメリットは、以下の三点でした。

  1. ホームページが華やかに見え、新規客の獲得につながる(=ニューハーフ&男の娘に対する警戒心を解ける)。
  2. コンパニオンも楽して稼げる。
  3. 見た目がオトコ丸出しでも、お客様を騙せる。

フォトショップがこの業界で活用され、ほぼ10年以上が経とうとしています。たしかにかつては効果的でした。しかし、今では、逆効果が生み出されてきています。

フォトショップが生み出すデメリット

人間は学習します。なかなか出会えないニューハーフや男の娘と出会えるという感覚に全てを賭けて、禁断のセックスに投資した人々が、2010年代に激増しました。これを「男の娘バブル」と呼びます。

ここでひとつ、男の娘の写真の大半は、素晴らしく女性のように加工されているのですが、実際のその人の体型をAVで確認してみたならば、とても残念な体型の方が多く、それ以上に、実際に身体を合わせると、その体臭とザラザラ感が連想させる同性っぷりに萎えさせられる人が少なくありません。

そういったことを経験し、リピーターにならない初体験者が激増しつつあるのが、今の状況です。ましてや、ウリ専で売れないゲイ男子が、ただウィッグを被って、女装している人も少なくなく、こういった極めてニッチ層をターゲットにDVD販売をしているだけならまだしも、

小金を儲け、すっかり色気づき、史上最強のフォトショップ加工を施し、風俗店を出すような店さえも生まれてきました。ただ一言、お客様を舐めんなよ!でございます。

フォトショップが生み出すデメリット

  1. より巧妙になり、もはや別人の領域に達している場合も多い。
  2. コンパニオンが努力せず、加工を指摘されると、被害者面するようになる。
  3. 特に体型に関するダメダメ感はすごい。
  4. セックスも下手な子が増加中。
  5. とにかく頭数を揃えようとする風俗店の激増。

フォトショップはほどほどに活用しよう

賢いニューハーフ風俗嬢は、フォトショップの加工を抑えるように、風俗店に指示しています。実際に名前を挙げるとするならば、荒木レナちゃん、長谷川らんちゃん、美蘭ちゃん、松下瑠衣ちゃんクラスの一流ニューハーフの皆様です(一つ言及するならば、風俗嬢は、風俗店の所有物ではありません。彼女たちにはフォトショップ使用を控えさせる権利があります。しかし、それはほとんど守られていません)。

彼女たちは、まぁ~実物も人間性も素晴らしい方々であり、これぞニューハーフという方々です。しかし、ここで、不愉快な状況が生まれてきているのも事実です。

それは、本当に綺麗な方々も、とんでもない男の娘とニューハーフの美化加工の影響を蒙り、実際はそんなに綺麗じゃないんじゃないか?という嫌疑の目を向けられてしまっている状況なのです。それは特に体型に関してです。

この4人のニューハーフ様の体型は、女性と比較しても類まれなるものであり、他の追随を許さぬほどです。その証拠として、一切加工を行っていない時代のシーメールジャパンの写真を例に取りましょう(勿論今の方が、4人の加齢的にも美は加速していることは言うまでもありません)。




加工がゼロのオリジナル・ヴァージョンです。恐らくこのレベルの撮影を施せるニューハーフ&男の娘風俗嬢の方がどれだけいるでしょうか?

そして、このレベルの撮影が行われる可能性は、もうないかもしれません。しかし、フォトショップのあの分かり易い偽造感と、本物のダイアモンドの違いは、ご理解いただけるでしょう。

このレベルの撮影をするためには、100万以上の機材費用と予算、6時間以上の時間がかかります。一方、スタジオで量産される写真は、ファストフォトであり、誰もが同じに見えるものしか生み出せません。

さぁ、ニューハーフと男の娘の皆様。これがフォトショップの罪の深さです。一般的な写真で目の肥え始めている男性を、もはや騙しにくくなったということなのです。

そして、今、一般の女性風俗店様が、その問題に直面しております。

レイ&マリア様のような風俗店も増えてきています。ここは、入店記念に高級下着と、クリスチャン・ルブタンの靴をプレゼントしています。写真撮影は、店長自身によるものですが、しかし、こういった方向転換をどの店も取り始めていることを、ニューハーフ&男の娘風俗店も知らなければなりません。

そして、そういうお店で働こうとしているあなたも考えなくてはなりません。どの風俗店が、フォトショップ加工に依存しすぎていないか?を。今までは稼げていても、これからはそうはいきません。

『ヴァニラアイス』もフォトショップ加工が激しい悪質風俗店の糾弾を開始します。なぜなら健全な風俗嬢の努力を踏みにじる行為を行ったことが、お客様の失望を招き、美意識の高いニューハーフと男の娘の中に、化け物のようなニューハーフと男の娘が、同居するきっかけを生み出したからなのです。

最後に一つ言わせてください。

バカなお客様にも責任はございます。ペニスさえでかければいいやら、逆アナルがうまければそれで良いというレベルで、そんなお金を払う神経が、この業界をただの鬘をつけたゲイ男子の巣窟と化させたのです。

そして、とんでもない経営者まで生み出していきました。容姿はフォトショップで誤魔化し、価格は少し安く設定し、文句を言わせない戦略です。こうして、2017年現在、ニューハーフ&男の娘風俗は、底辺に堕ちました。

そこに、HIVの氾濫がやってきています。あなたならどうしますか?そして、あなた自身もあなたの回りもHIVに対する対策は万全ですか?風俗でお金を稼ぐために、身を売り、HIVになり苦しむ生涯は悲劇以外の何者でもありません。

特に、ゲイ業界から流れるHIVの氾濫は、鬘を被って流れている可能性があります。この文章はゲイ差別ではなく、寧ろ、HIVの氾濫を放置することこそ、後々のゲイ差別及び、NH&男の娘排斥運動を生み出す可能性があることを知らねばなりません。

想像してみてください。東京オリンピックが行われます。日本国は、風俗の健全化にやっきになります。もうアナルセックスを行うフルサービスは許されなくなるでしょう。その生贄として、HIVの氾濫が取り上げられることは間違いないのです。

今、この記事は、過激すぎるでしょうが、一年も経てば、大きなマスコミも言及するトピックになるでしょう。そして、この過激な見解は、世論になるのです。その前に、

フォトショップ加工に依存している店に寄生しているぐ~たらなニューハーフや男の娘のライフスタイルはHIVになる可能性を生み出していないのか?そして、自分自身が、健全な風俗店で働きたいのならどこで働くべきなのか?それを考えるべきです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする